Sample site

曹洞宗の教え

宗 旨

曹洞宗は、お釈迦さまより歴代の祖師(そし)方によって相続されてきた「正伝(しょうでん)の仏法(ぶっぽう)」を依りどころとする宗派です。そ れは坐禅の教えを依りどころにしており、坐禅の実践によって得る身と心のやすらぎが、そのまま「仏の姿」であると自覚することにあります。
そして坐禅の精神による行住坐臥(ぎょうじゅうざが)(「行」とは歩くこと、「住」とはとどまること、「坐」とは坐ること、「臥」とは寝ること で、生活すべてを指します。)の生活に安住し、お互いに安らかでおだやかな日々を送ることに、人間として生まれてきたこの世に価値を見いだしていこうとい うのです。
shuushi-02

教 義

私たちが人間として生を得るということは、仏さまと同じ心、「仏心(ぶっしん)」を与えられてこの世に生まれたと、道元禅師はおっしゃっておられ ます。「仏心」には、自分のいのちを大切にするだけでなく、他の人びとや物のいのちも大切にする、他人への思いやりが息づいています。しかし、私たちはそ の尊さに気づかずに我がまま勝手の生活をして苦しみや悩みのもとをつくってしまいがちです。お釈迦さま、道元禅師、瑩山禅師の「み教え」を信じ、その教え に導かれて、毎日の生活の中の行い一つひとつを大切にすることを心がけたならば、身と心が調えられ私たちのなかにある「仏の姿」が明らかとなります。
日々の生活を意識して行じ、互いに生きる喜びを見いだしていくことが、曹洞宗の目指す生き方といえましょう。

道元禅師と瑩山禅師

お釈迦さまの教えを日本に伝えられ、永平寺を開かれた道元禅師を「高祖」(こうそ)とあがめ、總持寺を開き、教えを全国に広められた瑩山禅師を 「太祖」(たいそ)と仰ぎ、このお二人の祖師を「両祖」と呼び、この三師を「一仏両祖」としてお祀りし、お慕い申し上げ、信仰のまことをささげています。
keizan

瑩山禅師
(けいざんぜんじ)

dogen

道元禅師
(どうげんぜんじ)

大本山

sojiji

横浜市の總持寺(太祖瑩山禅師さま御開山)

eiheiji1

福井県の永平寺(高祖道元禅師さま御開山)

本尊

曹洞宗はお釈迦さまをご本尊として仰ぎます

お経

修証義 般若心経 観音経 寿量品等の諸経典を読誦します
Copyright(c) 2015 Ryutokuji All Rights Reserved.
Top